65歳超雇用推進助成金(65歳超継続雇用促進コース) 最大145万円

65歳超雇用推進助成金(65歳超継続雇用促進コース)の概要・ポイント

当助成金は、高年齢者が意欲と能力のある限り年齢に関わりなく働くことができる生涯現役社会を実現するため、65歳以上への定年引上げや高年齢者の雇用環境の整備を行う事業主に対して助成されます。

このような企業様にオススメ!

・高齢の社員が多い

・人材採用が進まない…

ここがポイント

若手で能力がある人材は、日本中の企業が欲しがる人材です。
だからこそ、採用することが難しく、コストもかかります。

一方で、中小企業における主戦力は高齢の社員であることが多いのではないでしょうか。
高齢の社員の魅力は、なんといっても「経験がある」ことに尽きます。

長く働いて欲しいとお考えの企業も多いと思います。

65歳超雇用推進助成金(65歳超継続雇用促進コース)を活用することで、定年の制度をきちんと整備するだけで最大145万円もの助成を受けることができます。

この助成金は、制度を作るために大きな出費もなく、支給要件のみ満たせば受給されるという特徴があります。

人事労務のプロである社労士事務所だからこそ、ご提案できる助成金の活用方法があります。
少しでもご興味があれば、無料相談にお申込みください。

平成29年助成金の最新記事

どのような助成金がもらえるのか? 無料助成金相談実施中! 助成金無料相談0円 どのような助成金がもらえるかわからない方のための安心プラン 詳しくはコチラをクリック
助成金の無料相談 お問い合わせはコチラ 0120-517-606 受付時間平日 9:30~18:00 メールでお問合せ
PAGE TOP