【成果型賃金制度】導入で助成金最大130万円

厚生労働省が、社員の能力や仕事の成果を賃金に反映させる人事制度を導入した企業への助成制度を設ける計画です。

賃金の引き上げや離職率の低下、生産性の向上を条件に、1社あたり最大で130万円支給される予定です。能力や成果が賃金に反映される制度の導入で社員のやる気を引き出し、企業の生産性向上が狙いです。

この成果型賃金制度導入による助成金は、2017年度から始まる予定で、初年度は7800社に助成金を支給できる予算が計上されています。

助成の上限額

仕事の評価を賃金に反映させる制度を設けた企業:50万円支給

1年後に、

(1)生産性が一定程度改善している

(2)離職率が数ポイント低下している

(3)賃金が2%以上増えている

上記の3条件を満たせば、さらに80万円支給

合計:130万円

このような企業様にオススメ!

・採用ができない…

・管理者が育たない…

・従業員の生産性が上がらない…

ここがポイント

従来の年功序列型賃金は、勤続年数の長さが能力向上につながるという前提に基づいて設計されていました。一方で、今の日本では、能力や成果に対する評価が十分反映されないという指摘もあり、社員のやる気を妨げる壁になっているという考え方があります。

この成果型賃金制度により、円滑な賃上げや離職率の低下を行うことができると考えられます。

新着情報の最新記事

どのような助成金がもらえるのか? 無料助成金相談実施中! 助成金無料相談0円 どのような助成金がもらえるかわからない方のための安心プラン 詳しくはコチラをクリック
助成金の無料相談 お問い合わせはコチラ 0120-517-606 受付時間平日 9:30~18:00 メールでお問合せ
PAGE TOP